favorite!

<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

二兎を追う者は一兎をも得ず

物事は全て退け時が大切である。

先人達が後世に残した言葉の意味をまだ理解してはいないのか...

午前中の勝負で負けたのならば、それは午後でも同じ事。

無駄に欲を出しても意味がない、その無駄な欲望があるのならそれを(練習)という仮想の経験で身につけて貰いたいと俺は思う!


無駄弾を撃っている者ほど未熟者、狩猟は狙ってこそ獲物に当たるという単純すぎる事を忘れているのだ!


それを例えるなら素人は機関銃(ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃)、アマチュアは自動銃、アマプロはボルト式、ブロのハンターはナイフと木刀を使う違いなのだ、

わかるかな?

過去に猪と格闘して病院送りになった理由なんだけど...

e0099662_21472900.jpg

e0099662_21501761.jpg

俺の独自の狩猟精神の理想はともあれ、今回は汗でびしゃびしゃだったんだ!

e0099662_22014553.jpg

この斜面を登り切ると近所の温泉(駒の湯)に浸かって居たかのように汗が出てさ、誰もいない山の背でパンツ以外素っ裸になって汗を拭う気持ち良さは格別だね!


e0099662_22111993.jpg

e0099662_22125643.jpg


で、そんな時に鹿の団体様が50m以上80m未満を通り過ぎていく光景を目にしたらどうするよ、あんたは?


e0099662_22210458.jpg















[PR]
by izhmash | 2017-01-31 22:21 | Comments(0)

人間よりも猪鹿の精神

ブヒ~!

この山で豚さんに出会えるチャンスはかなり低い、だって鹿さんよりもブタさんの方が一枚上手だからさ。

鹿さんの中にはお馬鹿っちょの奴も居るから豚さんよりも撃ち易い事は確かだと思う、

だから俺の様なアホに20番なんかで頭を撃たれてしまうのだ!

e0099662_04593421.jpg


運良く生還した3頭目の鹿さんは俺の姿は忘れる筈がないと思う。 それは一緒にいた友達二人を見失い、お前のこめかみを爆発音とともに弾丸がかすり飛んで来た先には俺が居たのだからね。

その弾丸は頬と耳の間をかすった事も解らずにこの場から一目散に立ち去った事は正しい判断だ!


場所はここだ、す~さん。


e0099662_06324665.jpg

後ろを振り返ると犬に追われた鹿さん三頭ウオーキング中、
e0099662_06345016.jpg
e0099662_05505283.jpg

レーザー距離計は橋本氏に貸し出し中なので正確な数字は解らないにしても50Ⅿはあると思う、

最後尾のモノの心臓を狙ったつもりだが移動速度を考えると腹に食らった筈である。発砲と同時に前足から崩れ、横に倒れた事はスコープを見ながら確認した。

仕留めたと思ったのもつかの間、排莢しながら5m程歩くと奴は立ち上がりもと来た道を致命傷を負いながら最後の力と供に翔ってったんだ...


野性と言うのは人間では計り知れない身体能力と精神を持っている事は知っている、


だから交代させようではないか!

奴らにはプライドと言う物はない、生きるか死ぬかの二者択一しかないんだよ。


北でアホな派閥を作っているバカを野放しにするのかトヨタ殿は!

下請けの教育を徹底させなければ汚れる者はお前達だ!

e0099662_06085668.jpg


俺の大好きな貴重なブタさんは勢子様が撃ち殺しちゃった...











[PR]
by izhmash | 2017-01-27 06:05 | Comments(2)

電子基板

電源が入らないからチョット見といてくれる?

その一言だった、

業者に送ってダメだったものを渡されてもね...


だが見るだけは簡単なのね。 縦横斜め、サービスでカバーをこじ開け酎ハイを飲みながら煙草を一本ふかしてボ~っと見てやったぞ!

(見といて)と言うだけで誰も直せとは言わなかった、


「中を開けてよ~く見といたから大丈夫、飽きるほど見といたから問題ないよ。」 で返したらきっと怒るだろうな~

e0099662_20561529.jpg
e0099662_20575949.jpg

単にLi-ionのエネルギー切れじゃ~にゃ~ずらか?

それは明日に確認しよう。


勘違いしているらしいが俺は電子機器が専門じゃにゃ~よ!





[PR]
by izhmash | 2017-01-19 21:03 | Comments(0)

目が欲する

実際のところ俺も同じであった、

人というのは他人が持っている物が欲しくて堪らないのだ!


その切っ掛けとなった物は彼の背負っている迷彩色のリュック兼チェアー、それを一度見てしまうと迷彩服まで欲しくなり、バッタもんの迷彩服を着てリュックを背負うと27歳の年齢制限がある自衛官(国家公務員)になった気分にさせるのだ。

この事についてベラベラ喋ると(橋)氏から国家反逆罪の罪を着せられ、湯川と共にロシアに強制送還させられるのでこれ以上は沈黙しよう!

e0099662_21091110.jpg
e0099662_21130586.jpg

だがそのリュックは(橋)氏の怨念という邪気に呪われていた事をすっかり忘れていたのだ!


その詳細を書くと原稿用紙100ページもなるので3つに纏めた言葉で表すと、


1、重い  比重21のプラチナでも入っているのかと思うほど、

2、デカい (がさばる)山の中では道なき道を進むので小枝が引っ掛かって鬱陶しいのだ!

3、きつい  リュックの背負いのバンドを緩めれば改善すると思うがやっていない。


e0099662_21353733.jpg

自衛隊の背負子はもうこりごりなのだ!

本場の訓練では銃器を含め70kg以上を背負うとか何とか...  恐ろしや!


俺は新しく造ったこれで満足でおじゃる!

e0099662_21444856.jpg

e0099662_21494254.jpg






[PR]
by izhmash | 2017-01-17 21:50 | Comments(0)

新年の説法

M870では去年に可愛い鹿の顎を吹っ飛ばした実績がある。  それは猟銃を持つ者の所持理由の一つであるから仕方がない事だが残酷だったなあれは...


さて、今年はまだ射止めてはいないMSS20で行こうと思い20ゲージを持ち出しているが、その詳細の前に紹介したい人物がいる。


その人物を例えるならば! カモシカの様に崖をジャンプし、猿のように枝を伝い、鹿の如く山を走り、しゃがんで用足しならが通る獲物に鉄砲をぶっ放すという伝説の強者なのだ!


SoltRiverは彼と同伴し、崖をよじ登って十分な経験と実績を得た事と思う、


狩猟の精神と人生を跳躍した存在をここに紹介しよう。


e0099662_21374335.jpg

缶コーヒーを飲んでいた俺に(鉄の混入)という説法をした初めての存在を!


彼は何処までが本気で何処から冗談なのか見当がつかぬ!


e0099662_23200278.jpg

理解できない存在は地球を起源としてはいないのだ。







[PR]
by izhmash | 2017-01-16 22:01 | Comments(0)

4日遅れのご挨拶

全国津々浦々、いや、この全世界で暗躍し、肩身を狭くしているこれからなるであろう進行中の若禿、こっ禿、ずるっ禿の皆の衆に!


今年もより一段と... 禿まして、おめでとうございます!


この秘密結社(禿財団)W.K.Z.Foundationにおいては入会したばかりの未熟者ではありますが、2017年、今後ともよろしくお願い致します!


新年の1月元日、

その財団の幹部が毎年射場を貸し切っての初撃ち会。

e0099662_19485858.jpg
e0099662_19495810.jpg
e0099662_19530734.jpg


若禿からこっ禿に移行しつつも射撃の腕はまだまだどうして20代前半のふさふさなのだ!


e0099662_20000832.jpg
e0099662_20002987.jpg

e0099662_20024531.jpg

e0099662_20092195.jpg
 
お前もあのフサフサが時間と共に抜け落ちた時、財団入会申し込み用紙が新聞受けに入っている...


e0099662_20282869.jpg



















[PR]
by izhmash | 2017-01-04 20:28 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧